メリット・デメリットを知る

高速道路無料化によって起きる弊害

高速道路無料化、本格的な意味で始動していたらと考えたらどのようなことになっていたのかと、戦々恐々としていた人たちもいた事でしょう。すべての人が無料化に対して肯定的にとらえているとは限らず、何かとこういう点をもう少ししっかりと検証すべきではないのか、などと思った人もいるはずだ。それを知るための実験だったが、やはり机上の空論と呼べてしまえるような的はずれな予測を政府が立てていたのも事実。それについてはきちんと説明して置かなければならない。

もちろんすべての可能性に対処できる、といった理論を展開できればそれに越したことはないにしても、中々難しい問題だ。無料化計画、現在でこそ凍結されて今後本格的に再始動があるかどうかも分からない状況ではありますが、高速道路の無料化により引き起こされるメリット・デメリットについておおまかに見ていきたい。

高速道路無料化の背景事情として

メリット

流通のコスト低減

高速道路が無料化された際には、当然ながら高速道路を頻繁に利用しようとする人が増えるのは自明の理だ。そのため頻繁に混雑を見せるかもしれないが、混んでいるからこそ高速道路ではなく一般道路を使用すれば、コストダウンを図れるのではないかと考える流通業者も出てくるでしょう。高速は混んでるから一般道で行くという選択肢もありといえばありだ。ただそれも目的地までの距離が近いことに限られるでしょう。

地域経済の活性化

高速道路無料化が進めば、普段は出来ない、訪れる機械のない地域への観光が増えるとも予想できる。何処に降りても、何処で乗っても無料となりますから、休みの日に軽くドライブをして見知らぬ街を散策してみようという気になる人もいるのではないか。関東でも東京湾アクアラインが無料になれば川崎と木更津が無料で往復できるなどの点から、両都市間で買い物を始めとした経済効果をもたらすだろうと期待されていました。

SAなどへの参入がしやすくなる

高速道路のSA・PAといった場所に参入している企業はほぼ独占的に道路公団ファミリー企業により権益が一極集中しているものの、無料化が本格的に始まっていればそうした他の商業施設が高速道路に施設を建設するなどして参入するなどの経済アクションが豊かになるだろうと予測されていた。

デメリット

維持費の問題

ただ無料化に先立って不安視されていたのが、無料化によってどうやって賄っていけば良いのかという問題が先に出てくる『維持費』の問題だ。今までは通行料により賄っていたものの、大部分の財源がなくなるとなればそれだけ負担が伴うことになる。税収による負担が予期されていましたものの、自動車の利用頻度が増せばその分だけ自動車に関する税、ガソリン税なども十二分に回収できると考えられたことから、さほど大きな問題では無いと考えられていた。それでも特定財源として3兆円は年間で必要になると言われているので、やはり桁違いのようだ。

排気ガス

高速道路の無料化が本格的に実行されれば自動車の利用頻度も個人で増えるかも知れません、そして同時に利用する人が多くなればなるほど危惧されるのは自動車の排気ガスという問題も生じてきます。無料化が実現すれば、自動車の使用頻度も増えるばかりで一般道でも渋滞を避けるために走行する自動車が増える可能性も示唆できることから、無料化が始まってしまえば地球温暖化に悪影響をもたらすと考えられている。使用頻度が増えれば排気ガスも増える、当然の帰結といったところか。

交通機関への影響

無料化が進行することにより、マイカー時代がさも当たり前のようになってしまうところに、自動車を持つことが出来ない社会的弱者の人々に影響をもたらしてしまう。また当時の国土交通副大臣によると、『無料化が始動すれば、鉄道などは無用の長物と化すので新規予算を振り分ける必要もない、将来的には廃線させるべき』とまで言わしめる発言をしたほど。これは極論過ぎますが、無料化によって他の交通状況に多大な影響をもたらすという事実には変わりない。

渋滞

無料化することで高速道路が混みあい、結局のところ渋滞という問題は解消されないだろうという問題もあった。但しこちらに関しては政府も大方予想しており、無料化に先立って行われた実験によって渋滞する確率は十二分に上がったことも確認されています。

高速道路周辺にある商業施設へのダメージ

PAなどは別として、高速道路付近にある商店街に大きな経済的損失を与えるという説も説かれている。必ずしもそうだとは言い切れない部分もありますが、高速道路を降りる付近や乗る付近に位置している場合の店舗で、これまで使用していた頻度がより低下するだろうという懸念もされていましたが、用もないところで降りるほどの余裕を持っているドライバーがどれくらいいるかという問題が先に来るでしょう。無料化が始まれば多少なりともあるかもしれませんが、懸念されるほどとは言いがたい部分もあります。

メニュー