将来的に渋滞は解消できる?

将来的な理想として

いつかは高速道路にしても何にしても、渋滞と無縁な生活をしてみたいと考えている人も多い。高速道路の無料化がもし本格的に指導すれば、間違いなく一番の課題に挙げられるはずだ。自動車の使用を促進するにしても混み合って利用できるような状態ではないとなっては、無料化しても結局は問題解決に至っていないとして見られてしまいます。こうした問題を将来的に解決して欲しいと考えられている中で、現在は技術推進の向上により改善されるだろうと期待されているシステム案があるという。

それがまた途方も無い話にはなるが、いつかあるかもしれない可能性として見る分には心躍らされる話となっている。今はまだ夢物語に近いものの、もう少しコンパクトのまとめられれば実現可能とも言えなくない技術があるとされている。それが『太陽電池道路の導入』・『ワイヤレス充電』・『高度道路交通システム』という3つになります。

これらがどういうものなのか、どのようにして高速道路などの渋滞を緩和していくのかを、1つずつ可能性の段階ではあるものの紹介していこう。

渋滞緩和が期待されている技術

太陽電池道路

まずは太陽電池を内蔵した道路を作るという計画についてだ。これを実現するためにはどれほどの予算導入が必要なのかと別の問題も気になるところですが、これらの導入によって期待されているのが『特定のドライバーに直接メッセージを送る』、『事故の際に車線を変更することが出来る』、そして『路面の表面温度を常に0℃以上に保つため、スリップなどによる事故防止』などが挙げられます。

要するに太陽電池から送られてくるメッセージを走行中のドライバーに受信させて、先の道路で何が起こっているのかを瞬時に理解させることによって、事故などの危険性を排除することを目的としたことに主眼が置かれています。

例えばトンネルで落盤事故が起きたという情報が飛び込んでくれば、現場はそれなりの対処こそ求められるものの、距離が離れている人たちにしたら渋滞に巻き込まれないようにと進路変更なども容易にしやすくなる、といったところか。

ワイヤレス充電

次いで囁かれているのが、自動車を走行させるだけで充電できるというワイヤレス充電技術の開発が現在進行形で行われている点だ。近年ではエコなエネルギーとして電気自動車の運用を促進する、という動きも少しずつではありますが動き出しています。このワイヤレス充電はそんなきたるべき未来、いつかはガソリンに成り代わって自動車の主力エネルギーとして役立つ電気をスタンドによらずとも、長距離の走行でも消耗を抑えて走行できる技術の確立は優先されるべき事態と言える。

しかして現段階では電気自動車の普及もそうだが、生産そのものもまだまだ市場ではマイナーレベル扱いに留まっている事から、将来的な展望は大分先となるだろう。日本国内はまだしも、アメリカなどでは積極的に受け入れられる技術だと見られています。日本でも一歩ずつ電気自動車に対して見方を改める趣向はありますが、叶う日が来るかと言えばかなり遠い未来になりそうだ。

高度道路交通システム

そして『高度道路交通システム』についてですが、これは太陽電池道路で話した以上に、周囲を走行している自動車とやり取りをして、車線や速度制限などの自動的な変更を平行して行えることの出来るシステムの確立も必要だと囁かれています。いわゆるスパコンを導入し、全ての自動車に走行プログラムへアクセスして不測の事態が起こった暁には一斉停止できるだけの対処をするという、漠然としていながらも、何処かの二次創作で見たような世界観が展開されている。

想像はクリエイティブにとはいうが、まず自動車の走行システムが全てプログラミングされていなければならない。また肝心の姿勢制御をする際のスパコンを何処で保存するか、といった問題も出てくる。壮大過ぎる計画ではありますが、いつか実現するかもしれないという意味では可能性としてあり得る話題と言えるでしょう。

まずは目先の問題を解消して

これら3つは将来的に協議していかなくてはならない技術と言える。ですが現段階でこの技術の開発をすすめるにしても、まずは大本の自動車設計から見なおさなくてはならない。それによって自動車がより精密な機械を携えることとなり、機能拡充に従って購入するための金額も確実に跳ね上がるのは目に見えています。ですが最新型の自動車に乗ろうという人が果たしてどれだけいるのかも不確定な要素だ。今所持している自動車を下取りで引き取ってもらうにしても、これだけのシステムを兼ね備えた自動車ともなれば、簡単に手に入る値段になるまでコストダウンをどこまで図れるかも焦点だ。

未来に可能性は示されているが、まだそこまでの段階には至っていないのが現状でしょう。まずは目先の問題を、そもそも渋滞にしても何にしてもこれから道路をどのようにして行くかが一番の課題といえます。有料道路にしても何にしても、今後どのように身近なものへとより浸透させていけるかがより業界を発展させる鍵となるでしょう。

メニュー